三田市運動公園

♪中央公園「ごもくやさん生き物通信」♪

2022/7/25
♪中央公園「ごもくやさん生き物通信」♪

こんにちは。ごもくやさん生き物撮影係の中田です。
再び梅雨が明けたような、よく晴れた週末でした。
24日は中央公園「夏の自然観察会」の予定日でしたが、コロナ禍の急拡大により中止に。
とても残念だったので、生き物通信・第17回は「もし、自然観察会を予定どおり実施していたらこんな生き物に会えていたかも」特集です。23、24日の撮れたてほやほやの写真をどうぞご覧下さい。

オニユリ 2022.7.24
中央公園の一角でオニユリの花が咲きました。けやき台ではあちこちに植栽されているこの花、自生かどうかは怪しいですが、毎夏、美しい花を咲かせ続けています。

カナブン 2022.7.24
昼間の昆虫酒場の常連客はカナブン。虫好きの子供たちからは「なんだ、カナブンか」という声が聞こえそうですが、カナブンが集まる木はいろんな昆虫が集まる「いい木」なのです。「いい木」を観察し続けていると、きっといいことがありますよ。

スミナガシ 2022.7.23
この夏、自然観察会に備えてずっと「いい木」を観察していました。そして私にもいいことがありました。
写真のスミナガシとの出会いです。このチョウとは何年ぶりの出会いでしょうか。何とも言えぬ渋い色合いの羽。「一体どうしたの?」と聞きたくなるような真っ赤な口吻。昆虫酒場を独占する姿を見て、嬉しくなりました。

オオスズメバチ 2022.7.24
「いい木」には、いろんなお客さんがやってきます。オオスズメバチも常連客。
この時期、ハチ自身、樹液に夢中になっているとはいえ、あまり近づきたくない相手です。
黒い服や香水、整髪料は厳禁とよく言われます。もしもスズメバチがカチカチと大あごを鳴らしながら飛んできたら危険サイン。静かにその場を立ち去りましょう。

タマムシ 2022.7.23
夏本番の今、タマムシたちが活発に飛び回っています。注目はアキニレや、エノキの木の上の方。
じっくり観察するには距離が遠いのが残念ですが、夏の陽射しの中、虹色に輝きながら飛び交うタマムシは一見の価値があります。

アブラゼミの羽化殻 2022.7.24
最近、少しクマゼミが増えてきたとはいえ、まだまだ中央公園セミ界の主役はアブラゼミです。
今の時期は羽化ラッシュ。写真はその抜け殻です。羽化しやすい場所は皆同じということでしょう。

一覧へ